2周年

  • 2015.04.23 Thursday
  • 23:30

おかげさまで本日で2周年を迎えることができました。
どうもありがとうございます。
1年目以上に、あっという間の2年目でございました。

昔、初めて百貨店で働き始める時に、
フロアー全体の統括マネージャーとの面接がありました。
面接の最後にマネージャーから、
「接客業で一番大事なことは何だと思いますか?」という質問をされました。
若かりし私は一生懸命考えて答えましたが、正解を答えることは出来ませんでした。
今思えば、ずいぶんと大人っぽい優等生な答えを言ったもんだと思います。
(どんな答えも間違いではなかったのですけども)

マネージャーの答えは「初心を忘れないこと」でした。
「人は慣れてくると初歩的な失敗や、いろいろな問題を引き起こします。
   慣れが一番怖いんです。
   伊藤さんの今の気持ちを常に忘れず、お客様に接して下さい。」と。

この言葉はそれ以降、ずーっと私の心にあります。
節目節目に思い出す言葉です。
3年目に向けて、またしっかりと胸に刻んでいきたいと思います。
お店を立ち上げた時の気持ちを忘れないように。


2周年は取り立てて何も企画はしませんが、
今後の郷土玩具との関わり方などを、私なりにしっかり考えたイベントを6月に開催します。
3年目に向けての選手宣誓みたいな気持ちです。


西荻イトチ、これからもどうぞよろしくお願い致します。



 

西荻イトチについてのアレコレ

  • 2013.08.18 Sunday
  • 02:08
              

 ぼちぼちオープンしてから4ヶ月になります、西荻イトチ。
ありがたいことに、すっかりお馴染みのお客さまも増えつつあるので、
気持ち的には、もう少し経っている気がするのですが、ええ。

閉店してから中で作業をしていると、
「紅茶とこけしだって〜、何のお店なんだろうね〜」というお声をよく聞きます。
そりゃあそうですよね、謎過ぎますよね。

というワケで、お店の中身について、少し書いてみようと思います。



             

まずは紅茶について。
茶葉の販売をしておりますが、基本的にノンフレーバーのものを置いています。
フレーバーティーはアールグレイくらいでしょうか。
オリジナルブレンドのものと、季節のオススメのものを数種類、置いています。
あとはハーブティーを少しだけ、です。
正直、種類は多くないと思います。
ただ、毎日飲んで頂けるような、華やかではないですが、
飽きのこない紅茶を置くことを、心がけています。
出来れば、直接いろいろ聞いて欲しいな、という希望の為、
紅茶の棚には、ほとんど説明がありません、スミマセン。
お茶の特徴や淹れ方など、なんでもお気軽に聞いてください!!


               

そして喫茶コーナー。
カフェというには申し訳ない程のスペースですので、コーナーが丁度良いかと。
私の都合で申し訳ありませんが、コーヒーは扱っておりません。
紅茶や、自家製シロップなどを使ったソフトドリンクのみとなります。
お菓子は紅茶に合う焼き菓子を少し、用意しています。
今のところ、食事系のご用意はありません。
主役は普段脇役気味の、ドリンクです。
メニュー表は無く、入口のこの黒板のみとなりますので、
入口にて、ご注文頂くようになります。

ちょっとだけ時間が空いた時や、仕事帰りのお疲れ一杯など、
ササッと飲みたい時に、思い出して頂けたら嬉しいです。
とは言っても、紅茶はお水から沸かしますので、
蒸らし時間も考えますと、10分くらいはかかってしまいますので、
急いでいる時などは、ご注意ください!


              

もちろん!ご友人同士でゆっくりお茶をたのしんで頂きたいとも思うのですが、
お席がこんなカンジですので、向かい合ってお座り頂くことが出来ません。。。
そして、3名さま、4名さまのお客さまには、優しくないお店だと思います、はい。
申し訳ありません。
どうしても4〜5名で行きたいんです!!という方がいらっしゃいましたら、
2階の部屋で対応できる時もあるかと思いますので、
まずはお電話でご相談頂ければと、思います。


            

そして、「紅茶とこけし」のこけしの部分です。
こけしを含め、日本の郷土玩具を展示販売しております。
飾ってありますものは全て、売り物となりますので、
じっくりじっくりご覧頂いて、ご自分のお好きなタイプの子をお選びください。

初めてこけしを買いに行った時に、お客さんがお店の方に、
「おすすめのこけしはどれですか?」と、質問されておりました。
密かに聞き耳を立て、「えっ!オススメとかあるんですか!?」と驚き、
答えを待っていると、お店の方が、
「こけしはね、自分がいいなと思うものを選ばないとダメですよ。
自分で選んだこけしはね、まったく共通点が無いようで、
集めて並べていくとね、しっくりくるんだよ」と、教えてくれました。
「最初のうちはね、選ぶのに時間がかかるけど、
そのうち、こけしの方から呼ばれたりするからね、パパッと決められるようになるよ」とも。

その時は、「そういうもんなのかー」と、思いましたが、
集め出してしばらく経つと、まさにその通りで驚きました。
周りのこけし友達も、みんなそれぞれ、その人らしいこけしを持っているんです。
まぁ、こけしに興味の無い方に言わせると、
「全部同じこけしでしょ?」てなことになるとは思うのですが。


郷土玩具の他に、奥の本棚で古書を販売しております。
栃木県・益子のはなめがね本舗さんと、
京都のマヤルカ古書店さんにセレクトして頂きまして、
紅茶、こけし、郷土玩具、イギリス、お菓子にまつわる本を置いています。


ザザッと、こんな中身のお店になっております!!
ちょっとでも謎めかしさが減ると嬉しいです(笑)。


              
              

そうでした!アイスドリンクのお持ち帰りもやっております!!


どうぞよろしくお願い致します。








本棚、できました!!

  • 2013.05.18 Saturday
  • 23:47
 
            

今日は7名さまでのご来店があったのですが、
今のところ、喫茶スペースでお座り頂けるのが6名さまでして・・・・。
大変申し訳ありませんが、他のお店を紹介させて頂きました、はい。
果たして、無事に皆さんでお茶が出来たのでしょうか。。。。

さてさてこの度、益子のはなめがね本舗さんと、
京都のマヤルカ古書店さんにご協力を頂きまして、
お店に念願の古書販売スペースが出来ましたー!!

はなめがね本舗さんの本を選ぶセンスが素敵で面白く、
京都のこけし博でご一緒した時に、お願いしてみたところ、
おふたりともお忙しい中にもかかわらず、快諾してくださいました。
どうもありがとうございます!!!

            
                              一番奥に本棚を置きました。




            
                                          お店番。


届いた箱を開け、一冊一冊検品しながら、
「これ欲しいーー」と、連呼してしまうラインナップで、ひとり大興奮。
私のリクエストは、こけし、郷土玩具、紅茶、お菓子、イギリス。
見事に全部が揃っております。


マヤルカさんの中での、私のおすすめを。

            

まず、コチラ。
めいじんて(笑)。これきっと、小椋久太郎さんですよね??
この絵本作家さん、シブいところに目をつけましたよねぇ。


            

こちらも絵本。
確実に子供向けではないと思うのですが、絵と色のカンジがとても素敵。
欲しいっっ!!


続いて、はなめがねさんの中でのおすすめ。

            

この本を手に取った時に思わず、「なりたい!!」と、叫んでしまいました。



            

もう表紙からグッときます!!
中の玩具の写真もすんばらしいのです!!


            

そしてコレッ!!もう絶版だそうです。
中の工人さんの写真が超カッコイイ!!写真集並!!
ちょっとだけ、見せちゃいますよー。


            

この帽子と煙草具合!!!
カッコ良すぎるーー!!
ダンディ??違うな、ハードボイルド??ワンダーエッグ的な。


            

コレもいい写真です。
盛秀さんも、こけしも、どちらも愛しそうです。


もう今はお会いすることが出来ない工人さんたちの、
お人柄がとてもよく分かる写真がたくさん載っています。
その写真をじっくり見ながら、その時代に思いを馳せます。
うぅ、欲しい!欲しすぎますっっ!!


こけしもそうですが、古書もまさしく出会いだと思いますので、
ご自分の一冊を見つけに来てください!!



            

もちろん、こけし時代も絶賛販売中でございます!!


はなめがね本舗・マスダさん、
マヤルカ古書店・なかむらさん、ご協力頂きまして本当にありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します!!

ちなみにおふたりとも、
来週末に開催されます、「東京蚤の市」に出店されるそうですー。
気になる方は是非!!



カップorポット

  • 2013.05.17 Friday
  • 00:21
              

最近、とてもよくお菓子を褒められます。
益子の時もそうでした、そう言えば。

もちろん、褒めて頂くことはとてもとても嬉しいのですが、
一応、本職がお茶淹れになるもので、お菓子のことだけ言われると、
「お、お、お茶はどうでしたでしょうか?お好みにあいましたでしょうか??」
と、心配で聞いてしまいたくなるのです。


喫茶の方でお出ししているお茶ですが、
カップとポットサイズをご用意しております。
ナゼかと言いますと、
イギリスのティールームに多く、その時の気分で選んで頂けるから、素敵だなと。
一度、やってみたかったんです!!!

時間が無く、サッと飲みたい方や、
まずはお店の味を試してみようという方には、カップがおすすめです。
(ミルクティーは、ミルクが入った状態でお持ちしますので)

反対に、ゆっくり自分のペースとバランスでお飲みになりたい方は、
ぜひポットでご注文ください。
さらに茶葉を入れたままにするか、抜いてしまうかお聞きしています。
「どっちがいいですか?」と、逆にお客さまに聞かれることがありますが、
1杯目をストレートでお飲みになりたい時や、
茶葉の風味の変化をたのしみたい方は、茶葉を入れたままが良いのではないかと思います。

ずーっと同じ濃さでお飲みになりたい方は、はじめから茶葉を抜いてしまった方が
良いかと思います、はい。
とは言っても、ずっと置いておくと、渋みをカンジるようになると思いますので、
その時は、差し湯を頼んで頂ければと、思います。



この差し湯問題、書こうか書くまいか、いつも悩むのですが、
今回は思い切って書いてみます。

差し湯は本来、濃くなった紅茶を、カップの方で薄める為のお湯なのですね。
どんな風に伝わってしまったのかは分かりませんが、
ナゼか日本では、美味しさが全て出きった茶葉が残るポットの方に使われること、多しです。
おかわり的な感覚で。(これはもう経験上、本当に多かったんです!!)
確かに、日本茶や中国茶はニ煎目、三煎目と飲む習慣があります。
が、紅茶は一煎目で旨み成分が全て抽出されてしまう為、
ニ煎目を淹れることは、おすすめ出来ないのです。。。
ニ煎目を淹れても、少し色の着いたお湯といったモノしか飲めません。

でもまぁ嗜好品ですので、「それが好きなのよ!!」という方がいらっしゃれば、
それはそれで、なんの問題も無いとは思います。
ちゃんとしたお店に行った時にだけ、気を付けて頂ければ良いのかなと。
ウチのお店は大丈夫です(笑)。
好きなように、お飲みください。



            

そして、店主こだわりのコチラのステンレスポットは、イギリスからやって参りました。
1回目に注文した際は、行方不明になりまして(笑)、
再度注文して、ようやく届いたポットです。
現行品なので、持ち手の部分も改良されていて、熱くならないという優れモノ。


      

この小ぶりなポットに合わせて、つくって頂いたポットカバー。
春夏仕様で、さっぱりした糸で編んで頂きました。
つくって頂いたのはpiece by piece さん。
木工作家のサノさんと同じく、以前に1度だけ、イベントでご一緒したことがあったのです。

凄く丁寧で綺麗なものを編まれる方だったので、
紅茶はともかく、こけしを置くお店と言って、果たして理解して頂けるのか(笑)、
ドキドキしながらお願いしたところ、それはそれは快く、お話を受けて頂けました。
急なお願いにもかかわらず、本当にありがとうございました。

可愛らしいのですが、とてもシンプルで飽きのこないと言いますか、
ずーっと使えるデザインで、とても気に入っております!はい!

シーズンを通して、ポットカバーなどをお願いしていこうと思ってますので、
お茶を飲む際の、たのしみのひとつにして頂ければと、思いますっっ!!
もちろん、販売もしていきますので、気になった方はお気軽にお尋ねくださいねー。






サノさんの木工作品

  • 2013.05.09 Thursday
  • 23:10

GWも終わり、「誰も来なくなったらどうしよう」と、密かに不安に思っていたのですが、 
ご近所の方などがいらしてくれるので、極端に空いてしまう時間などなく、
適度に忙しく過ごさせて頂いております!
どうもありがとうございます!!

だいぶゆとりが出来てきたので、
少しずつ、お店のコトを紹介していきたいと思います。


まずは、木工作家のサノアイさんにお願いしたモノから。

以前、イベントでご一緒させて頂いた時に、サノさんの作品を知ったのですが、
その全部が手にしっくりきたんですね、持つたびに。
なんかこう、木が気持ち良かったんです。
こりゃあ使っていくことが、たのしみになるワケだと。

今回お店のことを考えた時に、他の予算を抑えても、
オープンから一緒に歴史を刻んでもらえる、自分だけのテーブルが欲しかったんです。
美味しくお茶を飲んで貰うには、素敵なテーブルが必要じゃないですか!!

そこで、真っ先に思い浮かんだのが、サノさんのことだったのです。
サノさんのつくるものは、シュッとしていて、晴々とした気持ちになります。
でもちょっとカワイらしさも入っていて、それがなんだかご本人とリンクして素敵ですね。


             

こちらが、お店の奥のスペースに合わせ50cm×100cmで作って頂いたテーブル。
(写真だとイマイチお伝えできず、すみません。。。)


      

こちらが上から見たところ。
木は今回、山桜を使用して頂きました。

お店に来て、座って頂いた方ならおわかりになると思うのですが、
触り心地、バツグンなんです!!
ぜひ、触って、撫でてみてください!!


      

そしてコチラ、木のケーキ台。


      

横から見ると、こんな足になっています。
コレねー、憧れだったんですよ。
これがあるだけで、お菓子がだいぶ美味しく見えると思うんです(笑)!!

この他にも、店内で使用しておりますコースター。
紅茶の棚で販売しておりますティースプーンも、サノさんのものです。

テーブルやケーキスタンドなど、気に入った方がいらっしゃいましたら、
ウチのお店経由で、サノさんに注文することも出来ますので、
お気軽にお尋ねください!!
コースターも間もなくロゴが入り、販売となりますので、
プレゼントやご自宅用に、お使い頂けたらいいなーと、思っております、はい。


ホント、写真がイマイチなので、是非ぜひ、実物をご覧頂けたら嬉しいです!!

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM