「川連からこんにちは」はじまります!

  • 2016.11.08 Tuesday
  • 04:44

                                       

 

                      「川連からこんにちは」

11月9日(水)〜11月27日(日)      12:00ー19:00    月曜休み

 

参加工人

阿部市五郎    小椋英二     小野寺正徳    北山賢一  

柴田良二       高橋雄司     三春文雄       菅原修(本荘こけし)

 

11月13日(土)

三春工人によるこけしの絵付けワークショップ

13:00〜14:30    参加費 2300円

11月19日(土)

いぶりがっこバー    18:00オープン

11月26日(土)

佐々木一澄さんによる初心者向けのお話会

「木地山こけしのこと」

18:00〜19:00     参加費 1000円

 

 

9日の水曜日より、今年も「川連からこんにちは」が始まります。

北山工人からのこけしの中に「1年、あっという間ですね」というお手紙があり、

本当にそうだなぁと思いました。

 

1年ぶりにお送りいただいたこけし達を包みから出しながら眺めていると、

少しづつそれぞれの工人さんのいろんな変化に気付きます。

それはもしかすると、私の方の変化で、見え方や捉え方が昨年と違うのかも知れません。

こけしはそういうところが飽きのこない、面白いところだと思います。

 

秋田の木地山こけしは、

こけしの中でもわかりやすい可愛らしさの要素が少ない為か、

「木地山の良さがいまひとつ分からないんですよね」という感想を、

お客さまから聞くことが多いんですね。

そんな感想をお持ちの方には、特に見ていただきたいなと思っております。

もしかすると、今じっくり木地山こけしを見つめたら、

感じることが違うかも知れません。

いろいろな感情を抱えているように見える木地山こけしは見ていて飽きませんよ。

まずは見るだけでも、是非。

 

そして今年は、東京こけし友の会にご協力をいただきまして、

小椋英二工人のこけしを販売することが出来ます!

東京にいらっしゃる小椋さんのこけしを、

いつかご紹介できたらいいなとは思っていたのですが、

現在、個人での販売はされていない為、昨年は断念したのです。

が、今回「友の会の為なら」とご快諾いただけましたので、

小椋工人のこけしの売上げの一部を友の会の運営費にまわさせていただきます。

小椋工人のこけしもなかなか見る機会が無いと思いますので、

こちらも是非、見にいらしてください!

 

 

昨年に引き続き、川連からの名産品もいろいろご紹介いたします。

恐ろしいほどの人気がありましたいぶりがっこも、今年は種類を増やしました。

そして調子に乗って、19日の土曜にはいぶりがっこバーもオープンいたします!

いぶりがっこのポテンシャルを感じていただければと思います!

 

引き続き、13日の三春工人による絵付けワークショップ(13時の回のみ)と、

26日の佐々木一澄さんの木地山こけしのお話会の参加者を募集しております。

ご興味がありましたら、ぜひお気軽にご参加ください!

どちらもおひとりで参加される方ばかりですので。

 

 

それでは、9日の水曜よりお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.02.03 Friday
  • 04:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728    
    << February 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM